お金を生み出す不動産|ワンルームマンション投資で未来が変わる!
お金

ワンルームマンション投資で未来が変わる!

お金を生み出す不動産

男性

収益物件とは、アパートやマンション、オフィスビルやテナントビルなどの家賃収入を得るために購入する不動産のことです。大阪などの大都市圏での収益物件の表面利回りは、5〜15パーセントとかなり物件により差があります。しかし基本的に不動産投資は長期ですので、安定的にこの利回りを得られるのは、他の金融商品と比べても良いものだと言えます。住居系の収益物件は、オフィスやテナントに比べると利回りは低めになるのですが、空室リスクや経費が少ない為に実質の利回りは比較すると良い場合もあります。大阪は大都市圏でありオフィスや大学なども多いこともあって、人口減に転じている都市が増えている中で将来性が高い地域です。大阪の収益物件を持つことは有利な投資だと考えられます。

大阪で収益物件を持つのはどのような利点があるのでしょうか。不動産を購入する際には、100パーセント自己資金で持つ方は殆どいませんので、融資を受けることになります。融資は職業や会社や年収などがポイントになりますが、その他にも収益性の高い物件、つまり利回りの高い物件は審査が通りやすいです。そのために、収益率の高い物件の多い大阪は有利であると言えます。中には頭金なしのフルローンで購入される方もいます。また、物件を選ぶ際には利便性が良いことや管理がしっかりされている不動産であることを確認しましょう。加えて、オートロックなどの防犯設備が良いことや、部屋の設備が現代的で使いやすいことなどを重視すると良いでしょう。経費は管理費・修繕費・固定資産税・火災保険料などがありますので、これらの経費を計算して利回りを判断することをお勧めします。