定期的で安定的な利益|ワンルームマンション投資で未来が変わる!
お金

ワンルームマンション投資で未来が変わる!

定期的で安定的な利益

男の人

偶数月に支給されます

不動産投資信託のみんなで大家さんは、年に6回偶数月に利益分配金が投資者へ支給します。その支給される感覚はちょうど年金と同じです。ただし、不信感が強く募っている年金制度を充てにできない状況です。そのため、多くの高齢者は自ら投資して老後の生活を維持しようとみんなで大家さんを利用しています。年に1度の支給と違って、2か月に1度の支給であれば、日常生活に使いやすくて便利です。満期は3年と比較的短い運用期間となりますが、当然満期が来た後もまた投資することができます。そうすることで限られた資産を活かして老後の生活を維持しているわけです。つまり、みんなで大家さんは高齢者の大きな味方となっています。もちろん、高齢者だけでなく若い世代の利用者も決して少なくありません。

優先劣後システムで安心

また、みんなで大家さんが不動産投資信託であっても、やはり元本割れリスクは決してゼロではありません。しかし、そのリスクを下げるシステムを取り入れています。それは優先劣後システムと呼ばれるものです。不動産投資にみんなで大家さん(営業者)も出資しています。優先劣後システムとは、投資者の出資金を優先出資とし、営業者の出資金を劣後出費とします。そして、万が一賃貸利益が下落した場合、優先出資を優先に利益を得るようにするものです。みんなで大家さんでは想定の20%下落まで優先出資(投資者)への元本割れが出ないようになっています。そのため、大幅に元本割れのリスクを減らすことができるため、多くの人々は安心して利用しています。